ヨーグルト、鼻うがいなど花粉症対策のまとめ

杉花粉

アレルギーは体への侵入物を免疫が必要以上に攻撃する反応。花粉症のほか気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどがあり、計数千万人が悩んでいるとされる。
出典 厚労省、花粉症などアレルギー疾患対策指針作り 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


ワセリンを鼻に塗る

アトピー性皮膚炎は乳児の肌を保湿剤を塗って保護することが予防に有効とされる。そのような場合に、皮膚を保護し乾燥を防ぐ働きのある白色ワセリンがよく利用されてきた。
その白色ワセリンを綿棒などを使って鼻の穴の入口に塗っておくと花粉の侵入を抑えてくれる。

鼻うがい

市販の鼻うがい用のボトルを購入し、生理食塩水で鼻うがいをする。
生理食塩水は水1リットルに対して食塩9グラム。ノズルを鼻腔にあてて数回ポンプを押して洗浄する。洗浄液が出てきたら”エー”っと発声しながら洗浄するのがコツ。

ヨーグルトとみかんの皮

愛媛大学農学部の菅原卓也教授が、ミカンの皮とヨーグルトを同時に摂取すると花粉症の症状を和らげるとの研究成果を、学会で発表した。
ヨーグルト150ミリリットルとみかんの皮をジューサーで混ぜて1日3回、2週間飲み続けることがポイント。みかんの皮は1日に1個分が目安。ヨーグルトに含まれるβラクトグロブリンとみかんの皮に含まれるノビチレンの相乗効果によるもの。
出典 花粉症対策にミカンの皮とヨーグルト 学会で研究発表、新メニューも誕生 J-CASTニュース

ブロッコリースプラウト

花粉症はIgE抗体の異常増加によって引き起こされる。
スルフォラファンには抗酸化作用や解毒作用があり、ブロッコリースプラウトに多く含まれる成分であるスルフォラファンには花粉症のIgE抗体を抑える作用もある。
生のブロッコリースプラウトをよく噛んで食べることがおすすめ。
出典 カゴメ株式会社 カゴメ研究開発だより 研究成果サマリー ニュースリリース ブロッコリースプラウトエキスに花粉症を抑制する効果が期待

目の炎症を抑える方法

冷たいおしぼりをまぶたの上に置くと、目のうっ血を抑え、痒みが軽減される。
市販の涙と同じ成分でできている人工涙液を使って目を洗う。水道水で洗うのは目の細胞を傷つけるので注意。
出典 花粉症の目のかゆみの4つの対策

花粉症解消グッズはここで買えます。

花粉対策グッズ販売館