電子マネーを上手に使いこなそう

電子マネー

電子マネーとは、現金が手元になくても支払いに活用できる支払い方法のことで、私たちの生活の中ではSUICAやPASMOなど、普段の生活の中に広く普及しているものがたくさんあります。クレジットカードを使って支払いをする時には、支払った時にサインをしなければいけなかったりして面倒なことが多いのですが、電子マネーを使うとそうした手間は一切なく、ピピっと簡単に利用することができるという特徴があります。近年ではコンビニやショップなどでも電子マネーを広く受け入れるところが増えてきて、今後はますます広く普及することが予想されています。

電子マネーを利用すると、お財布の中に現金がなくても支払いに利用できるのでとても便利ですし、専用の端末にかざすだけなので、小さな金額の買い物をする時でもおつりで小銭を大量に受け取ることがなくなります。さらに、電子マネーの種類を賢く選べば、利用することでポイントやマイルが加算されるなどのサービスがついていて、利用しながらお得な特典も充実しています。

電子マネーの種類

電子マネーは大きく分けると、プリペイド式とポストペイ式に分類できます。プリペイド式というのは、使用する前にあらかじめ十分な金額をチャージしておき、残高が無くなるまで使えるというもので、定期的に入金しておきたい人にとってはとても便利なシステムとなっています。残高が無くなってしまうと利用できなくなってしまうというデメリットがありますから、利用前にはきちんと残高をチェックして、不足するかもしれない時には専用の端末を使ってチャージしなければいけません。

一方、ポストペイ式というのは利用した後に使った分を清算するというタイプで、クレジットカードのような後払いシステムと考えることができます。プリペイド式のようにカードの中に入っている残高をこまめにチェックする必要もなければ、残高不足で利用できないこともありません。しかし、ついつい使いすぎてしまうリスクがあるため、自分自身でお金の管理をきちんとすることが必要となります。

電子マネーはコンビニで大活躍

ジュースが飲みたいなと思ってコンビニにふらりと足を運び、買おうと思ってお財布の中を見たら1万円札しか入っていなかったということは、誰でも一度ぐらいは経験があるのではないでしょうか。少額の買い物をすることが多いコンビニでは、受け取るおつりが大量の小銭になってしまうこともしばしばで、小銭のためにお財布がパンパンになってしまったり、パンツのポケットがズッシリ重くなってしまうことが多いものです。そんな時に便利な電子マネーは、コンビニのような少額の買い物をする時にとても重宝できる決済方法です。

どのコンビニでどの電子マネーが使えるかはケースバイケースですが、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど大手5社に共通して使えるのは、楽天Edy(エディ)やiD(アイディ)、QUICKPAY(クイックペイ)、そして携帯電話のAUを利用している人に便利なAU・Walletです。その他、ファミリーマートとミニストップではWAON(ワオン)も使用可能となっています。それぞれコンビニごとに、電子マネーでの支払いにはポイントがつくなどの特典があるのでチェックしてみてください。